電話はダイレクトな意思疎通が魅力!出会いと電話での会話は最高の組み合わせ!

MENU

メール交換は過去の産物!今時の出会いは電話だからこそスピーティー!

90年代にPHSが登場し、徐々に携帯電話が浸透して行った時期。今考えれば革命に近い事が起きていた時期だったと感じる。

 

テレクラと言う唯一の電話系の出会いサービスが衰退して行った時期も丁度この頃だった。テレクラ条例が施行され、テレクラの命とも言えるポケットティッシュ配りなどが禁止された。急激に衰退するのは当然の流れ・・・

 

テレクラの終極

 

追い討ちをかけるように携帯電話にはアイモードと呼ばれるインターネット利用が出来る仕組みが搭載される。直ぐに出会い系サイトや出会い掲示板が乱立。新しいもの好きの日本人は直ぐにテレクラを捨て、出会い系サービスに飛びついた。

 

電話系出会いサービスにおける第一次ブームの終息である。

 

その後の出会い系ブームはとどまることを知らない勢いで人気化していった。スタービーチで美味しい思いをした人は数知れないだろう。私もそんな中の一人である。

 

しかし、私はそのブームの裏で常に違和感を感じていたのも事実だった。

 

メールと掲示板のレスポンスの悪さである

 

これは間違いなくテレクラ全盛の時代は感じなかったイライラ感だ。こちらは直ぐに返事が欲しいのにメールだと「何時返事しても良い」と言う暗黙の了解的な空気があったので、こちらはメールが返って来るのを待つしかない。逆にこちらが仕事などをしている時に、女からの鬼連メールが来ると「早くメールを送らないと出会いを逃す」と言う圧迫感に襲われ仕事に集中出来ない事もあった。

 

これは間違い無くメールや掲示板のシステムの欠陥だと私は思うようになって行った・・・

 

2015年現在、私の違和感は見事に解消された。

 

スマホとLINEの登場で電子メールを使う人が皆無になった。これは確実に風向きが変わったように感じる。

 

人々はインターネット上でのコミュニケーションに、リアルタイム制を求める時代になったのだ。

 

やはり直接電話するのが便利である!

 

LINEはリアルタイムなチャットも魅力だが、通話料金を完全無料化した無料音声アプリの功績はあまりにも大きいと思う。今はまだ実感している人は少ないかもしれないが、メールから電話でのコミュニケーションの原点回帰は今後顕著に現れると個人的には思っている。

 

既にツーショットダイヤルは数年前に比べて桁違いに新規女性が増えているのもLINEアプリの人気化の影響だろう。電話の意思疎通の速さは尋常では無い。

 

メールでは5往復の交換が必要なやり取りでも電話なら1分から2分程度で済む。

 

これがテレクラのDNAだ!そしてそのDNAは確実に電話コミュニティーの現代版であるツーショットダイヤルに引き継がれて、人々の需要に完璧にマッチする時代となったのだ。

 

男と女の出会いに最も最適な電話での繋がり。これからの時代は更に電話での出会いを求める人が増えるだろう。是非とも、乗り遅れずに電話での出会いを追い求めて欲しい。

 


PAGE TOP